イロイロ

これを全てすれば睡眠の質を上げられます。

ご覧いただきありがとうございます。

ショートスリーパーを目指しているタイチです。

今回は睡眠の質を高めるために出来ることを書いていきます。

休むことが上手なひとは行動できる時間が長いです。

タイチ
タイチ
一日の時間が短いと思うひとは必見でですね

睡眠の質を高める方法

寝る少し前から電気を薄暗くorスイッチOFF

まず周りが明るいと目から入った光で脳が覚醒して眠気がなかなかこないです。

少しずつ身体に寝る準備をさせるために20分〜10分くらい前を暗い状態にしておきましょう。

そうすることで身体が「もうすぐ寝るんだな」と認識して身体を休めるようにしていきます。

タイチ
タイチ
朝太陽の光で目がさめるのは朝と脳が認識するからです

寝る前に携帯を触らない

こちらも先ほどの部屋の電気のものと同じこともあります。

携帯の方がさらに目に近いところで光を受けるためさらに寝づらくなります。

また寝れたとしても寝れる状態になっていないため深い眠りにはつきづらいです。

そうすると身体がしっかり疲れを取れなくなるので長い睡眠時間が必要になってしまうのです。

タイチ
タイチ
ショートスリーパーの天敵だ

寝る前3時間前までの食事はとらない

寝る前に食べると身体が寝ていても内蔵では消化活動が行われています。

そうすると内蔵が休む時間が少なくなるため睡眠の質が下がってしまいます。

寝る前の3時間くらい前には食事は済ませておきましょう。

どうしても仕事の関係で難しい場合は出来るだけ消化に良いものか早めにしっかりとって寝る前は暖かい飲み物くらいに控えましょう。

1時間くらい前にあったかいものを飲む

身体は温まってから冷えてくるときに最も眠気が出てきます。

ですのでそのタイミングと寝る時間を合わせることでスムーズに寝つくことができます。

緑茶やコーヒーを飲むとカフェインにより脳が活性化してしまうのでやめておきましょう。

タイチ
タイチ
白湯や豆乳、牛乳などがオススメですね

質を高める専用の枕を使う

上記の面にプラスもっと良くするために寝具を変えることも大切です。

枕の素材や高さによっても睡眠の質が左右されるため思い切って睡眠の質向上に特化したものを使うのもありです。

枕にそんなにお金をだすのはちょっと…

となりますか?

1日あたり数百円で睡眠の質が格段に上がるとするなら安いものです。

まとめ

まとめると

  • 寝る少し前から電気を薄暗くorスイッチOFF
  • 寝る前に携帯を触らない
  • 寝る前3時間前までの食事はとらない
  • 1時間くらい前にあったかいものを飲む
  • 質を高める専用の枕を使う

 

ABOUT ME
taichi
taichi
タイチです。ブロガーとして生きています。 一人暮らしやフィットネスについての知識を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です