1人暮らし

一人暮らしVS実家暮らし 社会人編

ご覧いただきありがとうございます。

1人暮らし歴が半年超えてきたタイチです。

今回は1人暮らしを迷っている人に向けて

1人暮らし、実家暮らしどっちが良いの?

1人暮らしをしたほうがいいのはどんな人?

そんなお悩みを1人暮らしVS実家暮らしというテーマで解説していこうと思います。

僕のリアルタイムな実体験も含まれています。

よろしければ最後までお付き合いください。

では行きましょう!

1人暮らしをしたほうがいい人ってどんな人?

まず1人暮らしをしたほうが良いと思う人をあげていきます。

それは

  1. 1人暮らしに憧れがある人
  2. 通勤にdoor to doorで1時間以上かかる人
  3. 実家の環境が生活しづらい人
  4. 収入がしっかりある人

ですよ。

こちらに当てはまるのであればぜひとも1人暮らしすべきです。

1人暮らしに憧れがある人

➡︎憧れがあるならすべき!

金銭的な不安は生活力がつけばなんとかできる。

door to doorで通勤1時間前後かかる人

➡︎通勤で時間を取られすぎているのでもったいない。

近くに住めば自分に使える時間が増えるので負担の軽減に。

実家の環境が生活しづらい人

➡︎自分の部屋がない。親のことで不満がある。都会で働いて休日は田舎なので遊ぶところが困る。

1人暮らしで全て解決します。

収入がしっかりある人

➡︎収入があるが1人暮らしをしたいとは思わない。

生活力を身につけ、自立するためにぜひとも1人暮らしを経験してみるのがおすすめ!

1人で生活して初めてわかることって結構あります。

お金編

まずは貯金編です。手取り18万の設定。ボーナスは職により変わってくるのでなしとします。

実家暮らしだと家によりますがだいたい2万から5万くらいで家に入れるのがほとんどです。(2〜3万が主流?)

2万から5万で家賃、水道電気ガス込みで食事がでてくる生活が手に入ります。

そうするとあとは固定費を支払い残りを好きなように回せるので10万近くを自由に使うことができます。

僕は一人暮らしのために本気で貯めたら月10万は余裕で貯めることができました。(2万家に入れて)

では一人暮らしは、というと家賃だけでも4〜5万以上、食費も1〜3万、水道電気ガスで1万前後になるので10万近くは生活費で飛んでいきます。

遊びで使うお金を引くと平均2〜3万、多くて4〜5万円の貯金ができることができます。

1人暮らしは貯金ができないと言われますがまさにその通りではあります。

1人暮らしをしたいがお金の面で不安な人

すでに1人暮らししているがもっとお金を貯めたい人

良ければこちらの記事を参考にしてください。

「貯金編」1人暮らしの実態ご覧いただきありがとうございます。 1人暮らしをしながら毎月貯金を貯めているタイチです。 今回は1人暮らしは貯金ができるのか。 ...

自分のことは自分でしているため当然といえば当然のことです。

なので少しでも多くできていたら良いという感じです。

実家暮らしは貯めたらすぐ貯まるので◯

1人暮らしは実家暮らしほどはたまらないので×

貯金編は実家暮らしが圧倒的に軍配が上がりました。

 

休日編

休日の過ごし方の比較です。

実家暮らしは生活のために休日にしないといけないことが必ずあるわけではないので自分の好きなように使えるでしょう。

1人暮らしでは仕事のある日に家事家事ができるかできないかで変わってきます。

ですが仕事の日にスーパーにいける時間がない人や家事をためてしまう場合は

休日にしておかないといけないため家事をする時間が必要になります。

慣れると負担に感じることもありませんし家事ができているのであれば買い物くらいです。

今では24時間営業のスーパーなどもあるため有効活用していけばより休日は自由になります。

ですので住む場所を決める際にはスーパーやドラッグストア、銀行やATMが近くにあることは案外大切なことになります。(やばい脱線してる)

話を戻すと

実家暮らしは自由に休日を過ごせる。

1人暮らしは仕事や環境によって左右されるが実家暮らしと同じような自由さも手に入る。

ということになり評価としては

実家暮らしの方が楽に過ごしやすいため少しですが実家暮らしのが◯

ということになります。

通勤編

次に通勤の比較です。

1人暮らしを考える人の多くは通勤時間の関係からというものも多いです。

ですので設定は実家だと通勤1時間ということにします。

※僕も実際にdoor to doorで1時間半はかかっていたのが理由の1つにあります。

(door to doorは家を出てから会社に着くまで)

専門学校も同じ時間を通学していたのですが仕事となると帰りも遅くなるため負担が大きいです。

時間の内訳を見てみると8時から5時までの労働だとすると

実家暮らしだと家を出るのがだいたい6時半頃、帰ってくるのが早くて6時半頃でしょう。

1人暮らしでは実家より遠いところに住むということはまずないとおもいますので

通勤編では1人暮らしがおススメと言うことくるでしょう。

自立編

自立編です。

まず1人暮らしをして1番に感じるのは親のありがたさでしょう。

自分一人で生活してみて初めて大変なのがわかります。

生活することで自立できることは目に見えています。

最初はご飯も作らずグダグタな生活になることもあるでしょうが1人で生活することで少しずつですが自立につながります。

収入があるのであれば実家暮らしで不便がなかったとしても1人暮らしをするべきであるというテーマに移ります。

またいま収入がすごいあるわけではないが出るか迷っているのであれば1人暮らしすべきです。

将来的に家族ができたときに家事ができないというのはけっこうな負担です。

実家暮らしで家事に慣れていない人は仕事と慣れない家事の両立のストレス、子育ても追加されると正直地獄です。

家事はできるようになるべきです。

また家事ができない大人って響きって良くはありませんよね?

する必要がなくてもできるかできないかは全然違います。

できるのであれば1人暮らしで家事ができるようになっておくべきでしょう。

(実家暮らしでもできるじゃん!と思うかもしれません。

ですがもしできなくても親がいるそういう環境にある間は本当の自立はできないでしょう。)

ですので評価としては

1人暮らしのほうがよいでしょう。

満足度編

1人暮らしVS実家暮らし

満足度としては

正直なところ対して変わらないところがあります。

それがなぜかというと

1人暮らしでは家事の負担がありますが充実感や自由さなどによりカバーできています。

実家暮らしはものすごい楽です。実家の住み心地が多少悪くとも楽さ重視なのであれば我慢どころです。

僕は自由人なので1人暮らしがあっているので1人暮らし派です。

自由なのがあっていうなら一人暮らし、究極に楽さを求めたいのであれば実家暮らしということではないかと思います。

なので個人的には

1人暮らしの勝ち

ということになります。

結果

1人暮らしVS実家暮らしでは

あまり満足度では違いは有りませんが

充実度や成長度合いによって1人暮らしがおススメという結果になりました。

一人暮らしを悩んでいる人は実際に一人暮らしをしている人からのアドバイスをするとすると

した方が良い! 不安なことは以外になんとかなる!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
taichi
taichi
タイチです。ブロガーとして生きています。 一人暮らしやフィットネスについての知識を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です