1人暮らし

自炊のスタートは作り置けるかどうかです。

自炊ができない人、作り置きをしましょう。

まとめて作れば基本的に楽です。

しかも食費が浮くので別のところにお金を回せます。

ご覧いただきありがとうございます。

タイチ
タイチ
今回は自炊が難しいなら作り置きしましょうというテーマでお話ししていきます。

1人暮らしは自炊をしよう

1人暮らしの節約では自炊が重要です。

おそらく生活費でもっとも節約できるのが食費でしょう。

自炊ができると食費を1万から2万くらいは抑えられることが出来ます。

タイチ
タイチ
僕は自炊しない場合からだいたい1.5万から2万は節約できています。

そんな人にオススメするのが作り置きです。

 

自炊をするとお金が貯まる

自炊ができるとお金が貯まります。

買い食いする人に比べると食費が圧倒的に抑えられます。

食費がどれくらいかかっているかが貯金を月にいくら出来るのかというところに直結している事が多いです。

自炊できない人は結構いる

ですが実際のところ自炊をできないという声はよく聞きます。

タイチ
タイチ
実際に僕がお弁当も作っているという事をいうとすごいと言われることがよくあります。 

自炊はした方が絶対良いです。

1人暮らしの人は出て行くお金が多いのでめちゃくちゃ稼いでいる人以外は基本的にお金は余らないです。

自炊できるならした方がほかにお金が回せて良いですよ。

できない理由

  • 帰ってくるのが遅い
  • 面倒だから
  • 料理ができない

できない理由として主にあげられるのはこの3つだと思います。

ですが自炊を毎日して食費を2万で抑えられている僕からのアドバイスとしては

帰ってくるのが遅い

→作り置きをすれば手間はかかりませんよ。慣れてくると20分くらいでもできるで大丈夫ですし

面倒だから

→確かに面倒ですけどその分を好きなことに使えるほうが良くないですか?

僕はその分ジムやパソコンの支払いをしながらでも服を買って月3〜4万は貯金できています。

料理ができない

→これはやればできるようになります。今ではアプリでやり方をみれたりするのでほぼ失敗はしないですよ。

まとめてしておこう

自炊はできるときにまとめて作っておくと楽ですよ。

まとめて作る分には一食分と比べてもそこまで負担は増えないので日々の負担は減ります。

一気に作る事で光熱費などの節約にもなる為おすすめです。

タイチ
タイチ
僕も作り置きしていた頃は休みの日に1週間分をまとめて作って一食ずつにわけて保存していました。

おすすめの作り置き方法

基本的に丼かカレー系が楽なのでおすすめです。

→具を作っておいてご飯はその日に。ご飯はその日に炊いてもいいし、冷凍でもOK。

パスタを作る場合は麺は保存が難しいのでその日のうちに。具は作っておく。

味噌汁などのスープ類はまとめて作って保存

サラダ類は切っておいて食べるときにドレッシングなどをかける。

付け合わせとして楽なのはポテトサラダや肉じゃが。そのまま保存でOK

タイチ
タイチ
丼だけでもお腹いっぱいになりますが頑張れば少し頑張ればこんなにも豪華にできます

自炊ができないならまずは作り置きで

自炊ができるほうが絶対に良いです。

めちゃくちゃお金があまっていてとかなら別ですけどね。

節約のためにもまずは自炊にトライしてみましょう。

無駄な食費が浮いたら好きなことに使えるのでおすすめです。

もし料理が苦手だし、帰りが遅いとかならまずは作り置きをして少しでも自炊してみるようにしてみましょう。

では今回はこの辺で。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
taichi
taichi
タイチです。ブロガーとして生きています。 一人暮らしやフィットネスについての知識を発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です