イロイロ

痩せたい人必見、食べても太らない、リバウンドしない体の作り方〜女性必見です〜

食べても太らない、リバウンドしない体って良いですよね。

または太りにくい、太ってもすぐ痩せられる体欲しくないですか?

痩せるためにジョギングやランニングをしているがなかなか痩せない、、、

そんなあなたのためにこの記事を書いていこうと思います。

女性こそ筋トレがオススメ

運動が苦手で筋トレなんてもっと無理!

というそこあなたになぜ苦手な筋トレをオススメするのか

筋肉をつけると消費カロリー自体を増やしていく事ができるのです

痩せるためには摂取カロリー<消費カロリーにするのが大前提ですが

多くの方はまず摂取カロリーを控えようとします

体の構造的には体に栄養が運ばれなくなると『栄養が少なくなってきたからこのままだと死んでしまう!エネルギーを使うのを抑えよう!』と体を省電力モードのように消費カロリーを減らそうとしてしまいます。そうすると頑張っても成果が出ない、、、なんてことになるのです。なので健康を考えても食事制限はあまりお勧めではありません

ではその反対で消費カロリーを増やすにはどうすれば良いのか

カロリーを必要とする筋肉を増やすことで消費カロリーを増やす事ができます(代謝が上がるというのは消費カロリーが上がっている状態です)

そうすると何もしていない時の代謝も上がっているので何もしなくてもいつも以上にカロリーが消費されていきます(すごく良くないですか?)

筋肉がつけばプラスで血液循環もよくなるため、冷え性やむくみのきになる人はそちらにも効果はあります

あまり筋肉質にはなりたくないなぁと思われますが筋肉自体そんなにすぐ大きくなるわけではありません。細マッチョ→ゴリマッチョになるので最初はまず体がしぼられます。

女性はホルモンの関係もあり、そこまで筋肉質になる事はまずないので安心してもらって良いと思います。(ついたとしてもストップすればいづれ落ちていきます)

 

夜更かしをしない

夜更かしをしてしまうことでホルモンバランスが乱れることや夜更かしをすると夜食を食べてしまうことも原因の一つです。

また成長ホルモンが増えると代謝を上げることに関わります。ですが成長ホルモンが多く分泌される時間帯は夜10時から2時ごろだと言われています。その時に寝ていないと成長ホルモンも分泌されにくくなってしまうため代謝が下がるきっかけになってしまいます。

体重ではなくスタイルを気にするように心がけよう

ダイエットを頑張る方はほとんどが体重の増減を気にしがちです。

ですが本当に変えたいのは体重ではなく自分の見た目ではありませんか?

筋肉と脂肪の重さを比べると筋肉の方が重いため筋肉をつけると体重はあまり軽くはなりません。ですが見た目は比べ物にならないくらい腕やお腹周りを引き締める事ができます。

日本の人の主流の食事制限や筋肉をつけないようにするダイエットでは体重は減ったとしてもブヨブヨの体型になってしまいます。その脂肪も落としきろうとしてしまうとガリガリの体型になってしまいます。健康的に痩せている方が良いですよね。男性は女性に対しては絶対その意見が多いと思います。

 

以上の3つのことを心がけてより素敵なあなたになれるように頑張ってくださいね

ABOUT ME
taichi
タイチです